calendar
2014年7月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
archive
category
  • カテゴリーなし

postheadericon 技術革新と発展

何か商品を作ろうという時に、その商品が完成した時の姿を想像して検討してから実際の製造段階に入るのはとても重要です。
新しい料理を考える時、頭のなかである程度きちんと何をどうしたらどうなるのかということは理論と経験則から「計算されている」ものであり、そこから試作品を作ってテストを行って実際に発売に至るものです。

しかしながら工業製品に関しては何度も試作をしているわけにも行かず、その内容を事前に緻密に計算してその先に移る必要があります。
そのためのコンピュータ技術の進化によって、PLMが実行できるようになったのは非常に大きな変化であると言えます。また、それにともなってCAEを導入することができているのも非常に意味があることであるといえるでしょう。

製品ライフサイクル管理、それを略してPLMと呼び、またそのために活用されるコンピュータ支援エンジニアリングのことをCAEと呼びます。
製品を開発するにあたって絶対に必要なPLMとCAEをきちんと導入することは、様々なトラブルを回避すると同時にロスをカットすることにもつながりますからぜひとも行っておきたいところです。
最近ではネットワーク技術の発達によってCAEのためのソフトウェアがクラウド化されるようになってきているのもチェックしておきたい所。いまでもなかなか高価なCAE技術の導入をクラウドによって安価に行うことが出来るのは非常に美味しいところです。

クラウドサービスが利用できるようになった今だからこそ、PLMを更に完成させていきたいものです。製造業においても、クラウドサービスの力は大きく働いていると言えます。

おすすめリンク

QoSのことならここ|アンリツネットワークス
遠隔地でクラウドバックアップなら|extorage
クラウド導入支援といえば:ビリーフワークス
クラウドストレージなら分散管理されほぼ100%データが損失することはありませんが、万が一機能しなくなった場合でも各端末が同じデータを保存できます!